Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

タイベック®ドレインラップTyvek® Drain Wrap

タイベック®ドレインラップ
  • 商品特徴
  • 商品詳細
  • 施工方法
  • FAQ
  • カタログ

製品特長

タイベック®ドレインラップは、タイベック®ハウスラップに排水機能を付加した、
横胴縁や外張り断熱工法に最適な排水機能付きの透湿・防水シートです。
胴縁やウレタンフォームが密着した状態でも表面のシワ加工が排水を促進します。

デュポン™タイベック®は、業界に先駆けた20年保証を導入しており、防水性に関し、下記物性を20年間保証いたします。国内での販売開始以来30年の実績を誇り、数々の実棟サンプリング試験と30年相当の耐久性試験が行われてきたタイベック®だからこそできる安心の20年保証です。

※ただし、上記保証は製品製造後21年間を超えないものとする。

抜群の耐久性、信頼の20年保証

■防水性8kPa以上
(試験方法JIS L 1092)
※2013年1月移行に生産された製品より適用致します。
※この数値は透湿・防水シートのJIS規格において、10年経過後に求められる防水性能です。

横胴縁に(縦張りサイディングに)

横胴縁を施工したタイベック®ドレインラップに着色水を流し込み、排水状況を確認しました。 

■従来のタイベック®ハウスラップ
胴縁に水が溜まり、浸水の原因になる恐れがあります。
■タイベック®ドレインラップ
シワの隙間から排出されます。

外張り断熱住宅の耐久性向上に

施工中の防水確保、二次・三次防水層にお使い頂けます。

アクリル板2枚でそれぞれのシートを挟み込み、着色水を流し込んで、排水状況を確認。

■従来のタイベック®ハウスラップ
水が停滞し排水されません。
■タイベック®ドレインラップ
シワによる隙間から排水されます。

製品詳細

タイベック®ドレインラップ物性表

弊社では定期的なサンプリング試験を行い品質管理しております。

測定期間:デュポン株式会社 テクニカルサービスセンター
試験方法:JIS A 6111:2004準拠

初期性能

項目 測定値 JIS規格値
引張強さ(N/5cm) 304 100以上
296 100以上
引張伸度(%) 20.8 ***
25.1 ***
つづら針保持強さ(N) 40 27以上
42 27以上
透湿抵抗
(m2・s・Pa/μg)
0.12 A:0.19以下
B:0.13以下
防水性
(Kpa)
17 10以上
防風性
(sec/100cc)
23 10以上
目付け
(sec/m2)
61 ***
厚み
(mm)
0.17 ***

耐久性能

項目 測定値 JIS規格値
引張強さ残存率(%) 74 50以上
97 50以上
引張伸度残存率(%) 73 表示する
70 表示する
防水性
(Kpa)
15 8以上

タイベック®ドレインラップ製品規格

タイベック®ドレインラップ製品規格
製品 規格
タイベック®ドレインラップ ●幅1m×長さ50m巻

施工方法

デュボン™タイベック® 標準施工要領

STEP

1

使用するまでの保管状態

・専用箱に入れたまま保管することとし、直射日光、高温、水漏れが発生するような場所は避けてください。

STEP

2

施工前の留意事項

・施工現場にて箱から取り出してください。
・シートの製造年月日が印字されていることを確認してください。

STEP

3

施工方法(参考例)

・施工の際は工具として、メジャー、カッターナイフ、ガンタッカー等をご用意ください。
タッカーのステープルはステンレス製を推薦します。
・シート上下方向の重ねしろは、90mm以上とし、横方向の重ねしろは150mm以上とします。
・出隅及び入隅部分は、2重張りとします。但し、出隅部分は、シートを連続して施工することも可能です。
・シートは、必ず下地がある部分において重ね部をタッカーで止めつけます。
・タッカーで止める際は、シートを破らないように真っ直ぐに打ち込みます。また、タッカーの頭を浮かさないようにしっかり打ち込みます。
・シートをテープ止めする場合は、シートに悪影響を与える物質を含まないテープを使用してください。
・シートはたるまないように引っ張って止めます。
・開口部については、使用する開口部材のメーカーの仕様に従い、防水処理を確実に行うようにしてください。

STEP

4

その他の留意事項

・シートにキズ、破れ等がないか確認をしてください。破れを補修する場合は、テープを使用してください。
・防蟻防腐剤が本製品に影響を及ぼすことがあります。木材に塗布する場合、溶剤が十分に揮発してから本製品を施工してください。また、通気胴縁に関しては外装施工前に雨水などにさらされることにより、防蟻防腐剤が溶け出し、シートの防水性を低下させることがありますので十分にご注意下さい。

STEP

5

外装材の施行

・外装材の施工は、シート取り付け後、速やかに行ってください。(JIS A 6111 では60日以内の施工を前提としています。)
・外装施工完了後、シートが外部に露出していない事を確認してください。
・外装材とシートの間に、通気層が確保されている事を確認してください。

FAQ

製品カタログ

製品カタログ

製品カタログをご希望のお客様は、カタログご請求フォームをご利用ください。

お問い合わせ・カタログ請求

グリーンフィールドに興味を持っていただきありがとうございます。お客さまのお求めの商品をきっとご用意いたします。
まずはお気軽にお申し込みください。