> > 植栽ワッシャー®
植栽ワッシャー®

特許 第5430688号
国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)登録商品
防草シートを使用した植栽ワッシャー®工法 登録No.KK-120059-A

製品特長

植栽ワッシャー®経過画像

植栽ワッシャー®は、ザバーン®防草シート敷設面へ地被類などの植物を植栽する際に用いる製品です。
従来シート面への植栽は、敷設したシートに切込みを入れ、開口部分から土壌を取り出して苗を植え込むという工法が一般的でした。しかし、従来の工法では開口部分が大きくなりがちで、開口部から雑草が繁茂する事例が多く報告されています。
植栽ワッシャー®は、開口部をカバーし雑草の繁茂を防ぐ植栽ワッシャー®本体と、開口作業を容易に行う事のできる専用ホールオープナーを用います。
植栽を健康に成長させ、景観の向上とCO2の削減に配慮した製品となっております。

簡単でスピーディな施工

簡単でスピーディな施工

植栽ワッシャー®は専用ホールオープナーを使用するため、土の取り出し作業とシート穴あけが同時に行え、作業スピードが飛躍的に向上します。

シート開口部からの雑草を抑制

開口部からの雑草の繁茂
×開口部からの雑草の繁茂
植栽ワッシャー使用
○植栽ワッシャー使用

植栽ワッシャー®はシート開口部からの雑草の繁茂を防止し、植栽の健康な生長を促進します。

多様な植物に対応

クラピア
クラピア施工直後
施工直後
クラピア3か月後
3か月後
シバザクラ
シバザクラ施工直後
施工直後
シバザクラ3か月後
1年後

植栽ワッシャー®工法は地被類植物のほか、コニファーなど一部の低木にも使用可能です。

特許第5430688号

植栽ワッシャー®カタログ

製品詳細・規格へ

ページ上部へ戻る

製品詳細

印刷用PDFファイル

○植栽ワッシャー®規格

画像 製品名 品番 仕様 備考
植栽ワッシャー® 植栽ワッシャー® SWS-GR
(グリーン)
50枚 + 防草パッチ100枚 材 質:ポリエステル
仕 様:中央で分離可能
(ピン付属)
ホールオープナー ホールオープナー/植栽ワッシャー®専用穴あけ機
(レンタル品)
材 質:鉄
(防腐塗装処理)
仕 様:直径10mm穴あけ
従来のシート植栽工法では開口部からの雑草の成長により、植栽した苗が死滅する等、その効果が不明瞭な点が多々見受けられます。
植栽ワッシャー®工法は、シート植栽の最大の問題点である開口部からの雑草の成長を抑制し『雑草を抑制しながら植栽のみを成長させる事』を追及した工法です。高いレベルでその効果を発揮させる工法です。

■植栽ワッシャー®施工検証写真(施工期間1年)

従来工法
ザバーン®防草シート+植栽ワッシャー®使用
従来工法 ザバーンR防草シート+植栽ワッシャーR使用
従来工法 ザバーンR防草シート+植栽ワッシャーR使用
シート開口部分から雑草が這い出し、またシート自体を雑草が貫通して生長。
クラピアが8割以上死滅し、雑草が大きく繁茂してしまっている。
雑草の生長や這い出しは無く、クラピアの生育も順調である。

ページ上部へ戻る

施工方法

施工前の雑草が繁茂している状態。
施工前の雑草が繁茂している状態。
ある程度除草し整地する。
ある程度除草し整地する。
整地後、ザバーン®防草シートを設置する。防草ワッシャー®を併用し端部をピン止めする。
整地後、ザバーン®防草シートを設置する。防草ワッシャー®を併用し端部をピン止めする。
シート仮敷き後、ピンを打つ場所の墨だし(50cmピッチ)をする。
シート仮敷き後、ピンを打つ場所の墨だし(50cmピッチ)をする。
ピン打ちによるシート固定。
ピン打ちによるシート固定。
端部は防草テープでしっかり固定する。
端部は防草テープでしっかり固定する。
すべて固定すれば敷設完了。端部処理を行う場合は、防草テープ、ボンド等を使用する。
すべて固定すれば敷設完了。端部処理を行う場合は、防草テープ、ボンド等を使用する。
植栽する位置を割付け、済み出しをする。
植栽する位置を割付け、墨出しをする。
専用のホールホープナーにて穴あけをする。 ※この場合はクラピアミニ苗(直径約40mm)を植栽したため、ホールオープナー先端刃は直径40mmタイプへ付け替えした。
専用のホールホープナーにて穴あけをする。 ※この場合はクラピアミニ苗(直径約40mm)を植栽したため、ホールオープナー先端刃は直径40mmタイプへ付け替えした。
ポットと違いミニ苗はシート上につながっているので大型ハサミで1ポットづつにカットする。
ポットと違いミニ苗はシート上につながっているので大型ハサミで1ポットづつにカットする。
ミニ苗を一つ取り上部を植栽ワッシャー®開口部(直径2cm)に入るように形づくる。土壌部と葉部分の間(根元部)を手で絞めつけるように直径2cmくらいに形成する。そのまま植栽ワッシャー®にはめ込み予めセットしておく。
ミニ苗を一つ取り上部を植栽ワッシャー®開口部(直径2cm)に入るように形づくる。土壌部と葉部分の間(根元部)を手で絞めつけるように直径2cmくらいに形成する。そのまま植栽ワッシャー®にはめ込み予めセットしておく。
ある程度この状態を用意しておく。※これらをセットする担当と、植える担当に分担すると効率が良い。
ある程度この状態を用意しておく。※これらをセットする担当と、植える担当に分担すると効率が良い。
ある程度この状態を用意しておく。※これらをセットする担当と、植える担当に分担すると効率が良い。
穴に水遣りし、セットした苗の土部分を穴に植栽しピンで固定し完了。
     
【用意するもの】
・地被類植物・ハンマー・メジャー(5m以上)・カッター・チョーク墨つぼ・チョーク又はマジック・スコップ、熊手(レキ)等

注意:雑草の繁殖が激しい場所へ植栽する場合、植栽ワッシャー®の中央部(植物の根元部)の穴を専用テープで塞いで下さい。

ページ上部へ戻る

施工事例

画像をクリックすると拡大します。

ページ上部へ戻る

よくある質問

素材は何で出来てますか?
ポリエチレン製です。
植栽ワッシャー®の使い方は?何をする製品ですか?
防草シートにスピーディーに植栽出来ます。植栽部から生える雑草を抑制するための製品です。
植栽ワッシャー®の効果は?
植栽部から生える雑草を抑制し植物を最大限に成長させます。
どんな植物にでも対応できますか?
ロンギカウリスタイム(タイム類)、シバザクラ、ブルーパシフィック(コニファー類)、へデラ、を推奨します。
植栽ワッシャー®の色はグリーン1色ですか?
グリーン1色です。
中央の穴のサイズは1種類ですか?
はい。1種類です。
1㎡に何株植えられますか?
推奨は2株/㎡です。
防草シートの穴開けはカッターでもいいですか?
専用のホールオープナーで必ず使用してください。植栽ワッシャーの形状が合わなくなるためです。
ホールオープナーは購入しなければならないのですか?
植栽ワッシャー®をご購入された場合は、無料レンタルとなります。但し、往復の運賃がかかります。
ホールオープナーで穴を開けて植えるだけではダメですか?
お奨めしません。穴から雑草が成長し植えた苗が死んでしまいます。
ホールオープナーの穴のサイズは1種類ですか?
はい。1種類です。
植栽ワッシャー®はピンでするのですか?
はい。付属のピンで固定して下さい。
何センチのピンで固定すればいいですか?
付属の15cmのピンをご使用下さい。
植物が枯れたりしませんか?
現場状況と植物によりますが、植栽時は必ず水遣りを行って下さい。
水の通りを阻害しませんか?
植栽ワッシャー®自体は水を通しませんが、シート面及びワッシャー中央の開口部から水が浸透します。
植栽ワッシャー®のメリットを教えて下さい。
スピーディーな施工により、開口部からの雑草抑制、防草シートの効果で土壌の水分蒸発を防ぐため水遣り回数を軽減します。

ページ上部へ戻る

製品カタログ

製品カタログをご希望のお客様は、カタログご請求フォームをご利用ください。
>カタログ請求フォームはこちら
植栽ワッシャー®カタログ      

ページ上部へ戻る

お問合せ・カタログのご請求

  • お電話 0120-222-178
    お問合せフォームはこちら
  • FAX 0120-522-178
    カタログ請求フォームはこちら
  • Gardeners
    ショッピングサイトはこちら

植栽ワッシャー®の関連製品

メガソーラーには、ザバーン®防草シートが必須?