> [特集]防草シートってなに?

防草シートってなに?

防草シートは長い間草刈りの手間をなくす事が出来る

草刈り
草刈り

草刈りは腰に負担がかかり、除草剤は人体や土壌に少なからず影響を及ぼします。
また、どちらも定期的に行わなければなりません。
雑草が生えている場所にゴザを敷いたり、鉄板を敷いても防草となります。
しかしゴザはすぐに腐り、鉄板は重くて敷設しづらいです。
防草シートなら敷設しやすく長持ちする為、その手間を大幅に軽減する事が可能です。

防草シートを選ぶ時に確認したい5つの事

様々な防草シートの販売
様々な防草シートの販売

各メーカーから様々な防草シートが発売されており価格やスペックも様々です。
そんな数多くの防草シートを選ぶ際には是非この点を確認しましょう。

  • ・遮光性
  • ・貫通抵抗力
  • ・透水性
  • ・耐久性
  • ・施工性

雑草の生命の源 太陽光を遮断する

太陽光の遮断
太陽光の遮断

防草シートで遮光性は重要な要素となります。
植物は光合成を行い成長します。
太陽光を遮断する事で雑草の成長を防ぐ事が可能です。
その太陽光を遮断する能力を示した数値が遮光性です。

シートが貫通されない為の貫通抵抗力

遮光して植物の光合成を防いでもシートを貫通されてしまってはシート上で光合成を行われてしまいます。
またスギナやチガヤ等地下茎を持つ植物は別の場所で光合成を行っていればシート下でも発芽する事が可能です。
またイネ科の雑草の中には芽の先端がするどい品種もあり、貫通しようとする力に対して弱いシートでは簡単に突き破られてしまいます。
特にスギナやチガヤの鋭い先端の芽には強い貫通力があるので注意が必要です。
貫通しようとする力に対して抵抗する力を貫通抵抗力と言います。
防草シートは強い貫通抵抗力が求められています。

  • チガヤ地下茎
    チガヤ地下茎
  • スギナ地下茎
    スギナ地下茎

光を抑えて貫通を防ぐ強度を保ちつつ、水はしっかり通さなければならない。

シート上の泥だまり
シート上の泥だまり

最後に考慮しなければならないのが透水性です。
透水性がないと雨が降った際シートの上で水たまりが出来てしまいます。
やがて水たまりは泥になります。
その泥に雑草の種子が飛来し発芽してしまうのです。
遮光性と貫通抵抗力でシート下の雑草を抑えたのにシートの上で発芽されてしまっては本末転倒です。
また斜面であれば通常地面に吸収されるべき雨水が透水性が低いとシート上を滑り降りるように流れ落ち意図せぬ場所へ排水されてしまいます。
その排水によって近隣トラブル等二次被害が起きる事は絶対に避けなければなりません。

強い柔道家は相手の力を抑える力強さと相手の力をいなすしなやかさ両方を持っています。防草シートもしかり、雑草をしっかりと抑える強さと水はしっかりと通すしなやかさが求められているのです。

長く雑草を抑える事が出来なければ意味がない

防草シートを選ぶ上で重要なのがその耐久性です。
その防草シートのコストに見合った耐久性があるのかを選定したうえで防草シートを選ぶ必要があります。

重いシートは施工性が悪い

防草シートはその工法によって見た目も様々で重量も工法によって様々です。
重量が重いと取り回しが悪く施工の手間が悪くなります。
更に法面(斜面)では更にその重さによる施工手間の悪さが顕著になります。
施工性の良さ、つまりシートが軽いという事が防草シートの重要な要素となっているのです。

防草シートの特徴とその性能

防草シートで着目すべき5つの要素を踏まえた上で種類別に防草シートの特徴やその性能を見ていきましょう

織布製防草シート

  • 織布製防草シート
  • 織布製防草シート

織布製防草シートは帯状のフィルムを編み込んだ黒いブルーシートの様なシートです。
一般的にホームセンターで売られている安価なタイプです。
価格が安い反面強度が弱いのが特徴です。
強度が弱い理由として、縦横に編み込んでいるだけなので、縦横の繊維が接合されておらず斜めの引張りに弱く、隙間が出来やすい為、その隙間から雑草が貫通されてしまいます。
また端部がかなりほつれやすくほつれた破片が飛んでしまい近隣トラブルになるケースもあります。透水性も低く排水計画を考えなければなりません。

チガヤ地下茎
※上記織布製防草シートが貫通されている様子。せっかく敷いたのに生えてしまっては意味がない・・・

ニードルパンチタイプ

  • ニードルパンチタイプ
  • ニードルパンチタイプ

細かい繊維を絡ませて熱した針で部分部分を熱融着している。
見た目はフェルト生地のような分厚いシート。
熱融着されていない部分が存在し、多くのニードルパンチタイプのシートは片面に不織布を張り合わせている。
二つの生地を張り合わせるコストがかかる為に価格は高め。
またシート自体が重く、施工性は良くない。
またニードルパンチ部分がはがれてしまったり、鳥が巣作りの材料としてニードルパンチ部分を破いて持ち去ってしまうなんてこともある。
また透水性が悪く目詰まりがおきやすいのが特徴です。

  • 織布製防草シート
  • 織布製防草シート
  • ニードルパンチ部分の剥がれ
  • ニードルパンチ部分の剥がれ
  • ニードルパンチ部分の剥がれ

施工後2年経過した写真。ニードルパンチ部分に剥がれ、テープの剥がれが見られる

スパンポンド不織布

スパンポンド不織布

繊維が1本1本熱で融着されている。
繊維の全ての重なりで融着されているので高い引張強度と高い貫通抵抗力を誇る。
また表面に凹凸が少なく目詰まりを起こしづらい。
法面での使用も可能。
しっかりと遮光を行うので雑草の光合成を防ぐ事が可能。

ザバーン®が選ばれている理由

ザバーンが選ばれている理由

ザバーン®防草シートは公共事業や太陽光等いろいろなシーンで選ばれています。
スパンボンド不織布の工法的利点だけではなく、世界で最も太い繊維が4層構造として極薄に構築されています。
その他にも防草シートとして優れている点があります。

防草シートが敷かれているのは過酷な環境

防草シートが敷かれているのは過酷な環境
※スパンボンド不織布は高い透水性を持っている

防草シートはもちろん屋外で使われます。
防草シートは屋外で雨風にさらされ続けます。
その劣悪な環境下に耐える事が必要なのです。

ポリプロピレンとポリエステル

ザバーン®防草シートはポリプロピレン製です。
なぜポリプロピレン製なのでしょうか?
一般的に使われる繊維のポリエステルと比較してみましょう

項目 ポリプロピレン ポリエステル
構成元素 炭素(C)、水素(H) 炭素(C)、水素(H)、酸素(O)
融点 175℃ 264℃
耐アルカリ性 強い 弱い(加水分解されやすい)
耐酸性 強い 弱い(加水分解されやすい)

ポリプロピレンの特徴として酸性、アルカリ性に強い事が挙げられます。
また加水分解されないという特徴もございます。

加水分解

水にさらされ続ける事で劣化する現象を加水分解といいます。
ポリエステルは加水分解されてしまいます。

加水分解
※スニーカーの分厚いソールも加水分解されるとご覧の通りボロボロになってしまう

しかしポリプロピレンは加水分解されないのです。
特にザバーン®240グリーンは一般のポリプロピレンとは違い脅威の耐候性能を兼ね備えております。

ザバーン®防草シートは各項目が高いレベルでバランスの取れた防草シート

ザバーン®防草シートは遮光性が高く、貫通抵抗力が強く、透水性に優れたバランスの良いシートです。
お庭廻り雑草対策から太陽光までで幅広くお使い頂けます。

極太繊維で作られたザバーン®防草シートは脅威の引張強度を誇る
※極太繊維で作られたザバーン®防草シートは脅威の引張強度を誇る

加水分解

40代女性
雑草の生えないシートを探していてザバーン®防草シートを見つけました。主婦である私でもなんとか施工出来ました。
施工して2年になりますが未だに雑草は生えていませんよ。
40代女性
長年庭の雑草に悩まされてきました。
雑草シートを探していて友人のススメでザバーン®防草シートを敷きましたが、今は草刈りから解放され、庭仕事が楽しくなりました。
40代女性
最近は防草シートの施工工事が増えていて色々施工してきましたがザバーン®防草シートは軽くて施工しやすかったです。
今自宅の庭でも使用させて頂いてます。

その他のおすすめの記事

お問合せ・カタログのご請求

  • お電話 0120-222-178
    お問合せフォームはこちら
  • FAX 0120-522-178
    カタログ請求フォームはこちら
  • Gardeners
    ショッピングサイトはこちら