> [特集]雑草対策

株式会社グリーンフィールドの雑草対策

植物の重要性と定義と脅威

植物の重要性と定義と脅威

植物は景観形成に重要な役割をもっており、また人間にとって大事な酸素を供給してくれる。また街の植樹帯やお庭廻りのガーデニング等植物に触れる機会も多い。しかし雑草とは人が意図しない場所に繁殖し、その高い生命力と繁殖力で生息エリアを拡大していく植物です。その繁殖力の強さで他の植物のエリアまで浸食しその植物を枯らしてしまったり、農業においては作物に影響を及ぼし一般家庭においても虫の繁殖による被害を引き起こします。また野立ての太陽光発電所においては高く背を伸ばした雑草がパネルに影を作り、発電量の減少や発電システムの故障等を引き起こします。

雑草の種類と特徴

ロゼット型

踏みつけ耐性が強く道路脇の目地等でも生息する事が可能。また根をあまり広げない特性があり固い地盤や狭い場所、砂利等の環境でも生息する事が可能。

  • たんぽぽ
    たんぽぽ
  • オオバコ
    オオバコ
  • ハルジオン
    ハルジオン

ほふく型

茎が地面を這うタイプで地表で生息範囲を広げていく。ランナーと呼ばれる茎を横に広げ、ランナーの先が地面につくと、そこから根が生え、新しい芽がでるように広がる。ランナーを通じて水分の供給ができるために、他の木や植物が生育できないような場所でも、成長することが可能。

  • クズ
    クズ
  • メヒシバ
    メヒシバ
  • シロツメクサ
    シロツメクサ

地下茎をもつ雑草

地下で根を広げ生息範囲を広げていくタイプ。地下で根がつながり栄養を共有している為、光合成を行えないような場所でも発芽する事が可能。

  • スギナ
    スギナ
  • 笹
  • チガヤ
    チガヤ

貫通力が強く貫通抵抗力の弱い防草シートでは貫通されてしまう事も・・・

  ザバーン®防草シート
240G
織布製
防草シート
除草剤 人手による除草 防草土 砂利敷き
ロゼット型(たんぽぽ等)
ほふく型(クズ等) △※1 × ×
地下茎植物(スギナ等) × × ×
コスト ×
安全性 × △※2
持続性 × × × △※3
施工のしやすさ ×
  • ※1 防草シートの下からの発芽は止める事が可能だがシート外から侵入しシートの上で繁殖されるのを防ぐ事が出来ない為
  • ※2 炎天下の作業や草刈り機、草刈り機による飛び石の被害を考慮
  • ※3 防草土は使用環境によってクラック(ヒビ)が入ってしまう事を考慮

なぜ雑草対策で防草シートが選ばれるのか

防草シートは環境への影響がなく、また高い持続性があるのが特徴です。
一回敷いてしまえばランニングコストがかからず長期的に考えればコストも安いです。また難しい技術も必要ないので誰でも手軽に施工する事が可能です。

ではどんな防草シートが求められているのか

防草シートに求められているものは主に下記の3つです。

  • 1.シート下で光合成をさせない為の遮光性
  • 2.シートを貫通させない為の貫通抵抗力
  • 3.高い透水性

上記3つの要素を高いレベルで保持する防草シートが求められています。

その他のおすすめの記事

お問合せ・カタログのご請求

  • お電話 0120-222-178
    お問合せフォームはこちら
  • FAX 0120-522-178
    カタログ請求フォームはこちら
  • Gardeners
    ショッピングサイトはこちら