> [特集]防草シートの施工方法

防草シートの施工方法

作業の前に

Point1

雑草をとりのぞく

雑草がある場合は出来るだけ除去しなるべく平らになるように整地をおこなう。

施工する場所によって生育している雑草の種類が異なるため、
現場をご確認のうえ防草シートの選定を行って下さい。

ザバーン防草シートの詳細はこちら

Point1

防草シート施工の準備

<必要なもの>
はさみまたはカッター ハンマー

アレンジで欲しいもの

・砕石
砕石を防草シートの上にしくと紫外線による劣化が軽減される為
半永久的に効果を持続させる事が出来る

施工手順

  • (1)施工準備
    雑草がある場合は出来るだけ除去し、整地を行う。
  • シート敷設

    (2)シート敷設
    縁石やブロック等の端部の立ち上げは5cm以上を推奨しています。

  • シートの重ね代

    (3)シートの重ね代
    シート同士の重ねは必ず10cm 以上ラップする。
    ※写真は20cm 重ねております。
    ※必要に応じて重ねしろを増やすなどして下さい。(強草雑草が繁茂している場合等)

  • ピン止め

    (4)ピン止め
    砂利下に施工する場合は、プラピンで仮固定する事をお勧め致します。
    むき出しで施工する場合はコ型止めピン、もしくは土の硬さに応じてL ピンを使用して下さい。防草ワッシャー®と併用する事で、ピン穴周りからの雑草抑制とシートのバタつきを抑える事が出来るのでより固定力が増します。

    ピン 固定ピンに関する詳細はこちら

    注意事項
    庭回りには配管等が埋設されているため、長いピンのご使用時にはご注意下さい。

  • シート敷設完了

    (5)シート敷設完了
    シートを隙間なく敷設して完了。

  • 砂利敷き

    (6)砂利敷き
    砂利の厚みを5cm程度で均一に敷けば出来上がり。

樹木がある場合の施工方法

施工手順

  • 樹木がある場合の施工方法1

    (1)幹の向こう側へ敷き込む長さ分を写真のように立ち上げる。
    予想よりも短くなりがちなので長めにとる。
    幹と土壌の角にシートを当てる。

  • 樹木がある場合の施工方法2

    (2)幹の中心部をねらい、カッターで上部から下部まで切り込みを入れる。

  • 樹木がある場合の施工方法3

    (3)切り込み部を広げ、さらにシートを密着させる。

  • 樹木がある場合の施工方法4

    (4)シートを角部に当てた状態で、初めの切り込み部から左右50㎜くらいの位置にさらに垂直に切り込みを入れ、それを繰り返します。

  • 樹木がある場合の施工方法5

    (5)切り込みにより三角形に立ち上ったシート部分を裏返して隠す。
    シートと幹(又は構造物)が隙間なく密着した状態で完成。
    シートをピンで固定し完了。

配管がある場合の施工方法

  • 配管がある場合の施工方法

    シートに切れ目をいれてなるべく隙間のないようにすきこんでいく。

障害物(室外機や浄化槽ブロア等)がある場合の施工方法

  • 障害物(室外機や浄化槽ブロア等)がある場合の施工方法

    なるべく障害物の下にシートを敷きます。
    シートのカットはなるべく出ないように施工した方が切り口から雑草が生えてこないので、より防草効果を期待できます。

排水枡等廻りの施工方法

  • 一度マスの上にシートを被せ、カッターの刃をマスの縁にあててキレイに切り抜く。
    切り抜きが大きすぎると、隙間から雑草が這い出す可能性が高まるので
    ご注意ください。

ザバーン®防草シートの防草効果を更に高める商品はあるの?

はい、専用のボンドとテープがあります

ザバーン®防草シート同士の重ね合わせや、コンクリート面との接着を行う際にご使用頂く商品となります。
テープに関しては、ピンの打ち損じ等で生じた不本意な穴の補修用部材としてもご利用可能です。
商品の施工方法をご案内いたします。

ボンドを使用して、防草シート同士や縁石部に接着する施工方法

  • ボンドを使用して、防草シート同士や縁石部に接着する施工方法1

    (1)ザバーン®接着用のボンドと専用ガンを用意する。
    ボンドの先端のノズルはカットする事ができます。
    目安として印が付いている1cm にカットした場合、15~20mほど塗布する事が可能です。

    縁石へ使用する際は、施工前に接着面に付着している砂やほこり等をワイヤーブラシなどで清掃する事により、接着度が増します。

  • ボンドを使用して、防草シート同士や縁石部に接着する施工方法2

    (2)ザバーン®を敷設後、シートと接着面の間にノズルを差し込み、ボンドを塗布する。
    ボンド注入後は、ボンドがシートに馴染むように上から押し付けて下さい。
    (押さえつけたボンドがシート越しに上から軽く染み出てくる位押し付けて下さい)

    完全に乾燥し、ボンドが硬化したら接着完了です。

テープ施工方法

  • テープ施工方法1

    (1)テープ貼り付け前にワイヤーブラシ等で 接着するコンクリート面の清掃を行います。

    清掃後、シートの端を中心として左右対称5cmで貼り付けます。

  • テープ施工方法2

    (2)接着後、テープの上から圧力をかけしっかりと付けて施工完了。

施工上の注意事項

  • ※曲線に接着させる場合は、こまめにカットし5cm程度ラップさせながら施工して下さい。
  • ※防草シートの端部がヨレ、シワにより浮き上がっている場合、防草シートの端部をカットして浮き上がりをなくした状態で接着して下さい。
    処理がない場合、テープがシートの持上げ、抵抗を受け剥がれやすくなります。
  • ※接着面が湿っている場合や、濡れている場合は完全に乾いてから施工して下さい。

®防草シートについて詳しくはこちら グリーンビスタ®プロ砂利下シートについて詳しくはこちら